新型コロナウイルスの状況について

logo coronavirus

更新日:2021年06月14日
重要な情報: 非居住者外国人の入国禁止

► ニューカレドニアに就航している全ての国際線定期運航を2021年10月31日まで制限しています。

► 海外からニューカレドニアの領海に到着する全てのクルーズ船、漁船、遊覧船の運航は引き続き禁止されています。

► ご旅行は延期をお願いいたします。

 

ニューカレドニア観光局より

ニューカレドニアは「天国に一番近い島」として知られ、長年日本から多くの皆様をお迎えして参りました。しかし残念ながら今は、地元の人々の命と健康を守るため国境に厳しい制限を設け、国外から観光客の入国を認めていません。

皆様を再び私たちの島にお迎えできる日が来ることを願っています。

ニューカレドニアへの旅行を予約している場合は、予約をした航空会社または旅行会社に連絡することをおすすめいたします。ニューカレドニアへのご旅行や航空券の新規ご予約は、制限終了日(2021年10月31日)の公式発表後にご手配されることをお勧めいたします。国際線運航と入国に関する制限は状況により延長されることもございます。

現在のニューカレドニアの状況について

新型コロナウイルス感染症の陽性者数は以下のとおりです。

【2021年06月14日現在】

陽性者累計  128人
重傷者  0人
死亡  0人
検査実施数   34,119

ニューカレドニアでは、引き続き入国制限を実施の上で、水際対策措置を徹底して感染防止に努めています。なお、自発的な感染予防対策の実践は引き続き奨励されています。

•    咳やくしゃみをするときは鼻や口を手で覆い、飛沫が飛ばないように留意する。
•    ティッシュペーパーなど使い捨てのもので鼻や口を覆い、使用済みのものはゴミ箱に捨てて、手を洗う。
•    石鹸と水で少なくとも20秒間、頻繁に手を洗う。
•    手指用消毒液やアルコールジェルで手を消毒する。
•    咳やくしゃみをする場合、周りの人から1メートル以上離れる。

 

個人・ビジネス客ともに自費で検疫隔離の必要があります。

海外からのスタッフ招聘を希望される企業、またはフランス(および事前の請求により入国が承認された他の国籍)のパスポートを保持している個人が、緊急の理由によりニューカレドニアへの入国または帰国が遅れることを避けたい場合には、こちらのリクエストフォームからニューカレドニア政府当局へご申請ください。
ニューカレドニア政府による承認後に、ホテルボーリヴァージュまたはゴンドワナホテルでの強制検疫隔離のため、ご自身にてホテル予約が必要です。なお、滞在費は自己負担となります。
トントゥータ国際空港に到着時には、すべての旅行者に対する検疫終了後にPCR検査が必須です。

 

国内の交通機関

陸、海、空による国内交通機関の運行は、ニューカレドニア内および領海内で許可されていますが、感染予防対策に関するルールを遵守することが大切です。

交通機関についての質問はここをクリックしてください。

海外にいるニューカレドニア居住者のための帰還に関してはこちらをご覧ください。

 

クルーズ船と商業船

海外からニューカレドニア領海に到着するクルーズ船、漁船、遊覧船の航行は依然として禁止されています。この措置は、コンテナ船、鉱石と石油タンカー、またはニューカレドニアの水域を離れてから再入港する船には関係しませんが、再入港の際は海外での途中寄港や、国際水域から来る別の船の乗組員と接触しない事が条件となります。

 

最新情報について(サイトによってはフランス語のみ)

より詳細な情報を希望する場合は、下記の公式サイトをご覧ください。

•    トントゥータ国際空港の運航情報:https://www.aeroports.cci.nc/en/tontouta/vols/recherche
•    エアカランの運航情報: https://fr.aircalin.com/jp/新型コロナウイルス関連情報
•    ニューカレドニア政府のCOVID-19サイト: https://gouv.nc/coronavirus

 

 

ニューカレドニア観光局局長

ジュリー・ラロンドから日本の皆様へ